活動の記録

360度カメラ搭載大型ドローンによるVR空撮サービスいよいよリリース

新たな映像表現VRが、スマホで手軽に楽しめる時代。だからこそ、もっと楽しく、もっと感動的なVR空撮映像をご提供します。

5G環境とは...平たく言えば大量のデータを高速で通信できる環境のこと。では具体的にどんなメリットがあるのでしょうか?

映像の世界では、伝送された映像が遅延なく観られたり、VRのように非常にデータ量の多い映像を再生するときに、カクカクせずスムースに観られたりします。

このような環境になり、VRが当たり前になることを見越して、すでにyoutube やfacebookなどのSNS、360度カメラ搭載のドライブレコーダーではVR動画が観られるようになっています。

動画の魅力は、なんと言っても圧倒的な臨場感と没入感で、まるでその場所にいるかのように、見えるものすべてを映し出します。ヘッドマウントディスプレイをつけて観るもよし、スマホのタッチパネルで観たいところを探るのもよし、SNSで取り扱えることになったことで使い方の自由度がこれまでより広がり、新たな映像表現として注目されはじめています。

このように魅力的なVRの世界を映し出す高画質8KのPRO仕様の全天球カメラも近年開発されたこともあり、フライングスターでは、大型ドローンに搭載してVR映像を空撮するサービスの展開に乗り出しました。

2019年8月に商工会議所の補助金事業として採択され、専用ドローンが市販されていない中、改造や試験飛行、国交省への改造申請など様々な試行錯誤を繰り返し、5ヶ月間の期間を要しましたが、このたびVR映像の空撮サービスを展開できるようになりました。

VRの空からの映像にご興味のある方はお役に立てると思いますので、お気軽にご連絡ください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP